珈琲好きですか特にブラック

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
呑気に珈琲を入れてる私。「はいぃ~」とTVドラマの水谷豊を演じているわけではありませんょ、中学生の頃からずっと珈琲党。右京さんは紅茶党でしたね。ハイ。「おい暇か」の別課の親しみあふれる演技もさながらパソコンの画面上で録画したものを好きな時間、暇な時間に拝聴している次第でございます。珈琲の話に戻しますね。誰もがそうでしょうが、初めてハマったのはサイホォンでございます。当時からこの年まで物理、化学、力学が好きな私の最初の実験みたいなものです。 揃えるのはサイフォン本体とネル袋とアルコールランプ。燃料用アルコール。そして、珈琲豆。手廻のコーヒーミルでキリマンジャロだったと思う。おいしかったですよ。それはそれはとても。そして、自分が少しずつ大人になっていく気がしました。それまでに単子本で珈琲の知識を頭に入れ豆の名前や産地、味覚など勉強していました。そんなことより学校の勉強が大切な時期に。今、52歳。およそ12年前の事です。 最終的に思うのは豆は好み、挽き方は絶対ミル(クラッシュタイプはだめよ、クラッシュしているうちに酸化するし粒も揃ないし、珈琲油脂も出にくくなる)。入れ方はサイホォンだろうが、フロートだろうが電気式の珈琲メーカーでもいい。ただ出来立ての物をご賞味下さい。いろいろ訳割に書いたけど現地(珈琲畑)で働いている人の休憩時間には、珈琲を金槌などで割って、焼かんで珈琲を楽しんでいるんだって。